So-net無料ブログ作成

ありふれた愛に関する調査 / 池田昌子 [映画レビュー]

女優としてよりも生理用品のCMで顔が売れた池田昌子が、魅力的な裸を見せてくれる。彼女は作中「生理前だったから」という台詞を2回言う。もしかしたらこの映画がきっかけであのCMに起用されたのかもしれない。
しがない探偵役は奥田瑛二のはまり役。「でらしね」もそうだが、この人はだらしのない男を演じさせると本当に上手い。自分のことを「探偵です」という探偵も珍しいが。だって依頼人の玄関先でインターフォンに向かって「探偵です」とは普通言わないよ。
池田昌子のヌードは完璧。細身なのに出るところは出ていて、手足はすらりと長くて、素晴らしい。おっぱいもすごく柔らかそう。前半で小林かおりもフルヌードで奥田瑛二との濡れ場を演じているが、彼女の引き立て役としか思えない。おまけに声がすごいセクシー。必見です。

ありふれた愛に関する調査
1992年 アルゴプロジェクト
監督:榎戸耕史
原作:関川夏央
脚本:荒井晴彦
撮影:野田悌男
音楽:梅林茂
出演:池田昌子、奥田瑛二、世良公則、小林かおり、川地民夫、津川雅彦

ありふれた愛に関する調査

ありふれた愛に関する調査

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2000/11/24
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。