So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョゼと虎と魚たち / 池脇千鶴 [映画レビュー]

身体の良し悪しは別として、まずは池脇千鶴の「女優魂」に拍手を送りたい。胸は小さいし、乳首は年齢(公開当時22歳)のわりに褐色系だけれど、全身を若さのオーラが包んでいて、綺麗な裸だと思う。そしてこれは池脇千鶴の裸である以前にジョゼの裸なのである。
劇団東京乾電池の江口徳子もヌードを見せている。妻夫木聡のセフレみたいな役で前半にしか登場しないが、完璧な関西のおネエちゃんを見事に演じて、その存在感を示している。
また、ほんの一瞬の登場だがそれがヌードであることで強烈な印象を与えているのが野元美沙。マンションの窓から裸で妻夫木聡の弟(藤沢大悟)に声をかける。通りすがりの中学生が固まっているのが面白い。
恒夫(妻夫木聡)とジョゼ(池脇千鶴)と香苗(上野樹里)の関係って、TVドラマ「東京ラブストーリー('91)」の永尾完治(織田裕二)と赤名リカ(鈴木保奈美)と関口さとみ(有森也実)の関係に似ている。恒夫にとっての本当に「いい女」はきっと捨ててしまったジョゼの方なのだ。若いが故に気づかないことっていっぱいある。
ところで頑張れよ、上野樹里。脱げばいいってもんでもないが、少しは池脇千鶴の根性を見習ってほしい。って、結局脱いでほしいんだけど。

ジョゼと虎と魚たち
2003年 アスミック・エース
監督:犬童一心
原作:田辺聖子
脚本:渡辺あや
撮影:蔦井孝洋
音楽:くるり
出演:池脇千鶴、妻夫木聡、上野樹里、新井浩文、江口徳子、新屋英子

ジョゼと虎と魚たち(通常版)

ジョゼと虎と魚たち(通常版)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2004/08/06
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(2) 

nice! 1

コメント 3

Sho

この作品の池脇千鶴の裸は、酷評されてるのしか目にしていなかったので、新鮮な感想でした。
>恒夫にとっての本当に「いい女」はきっと捨ててしまったジョゼの方なのだ
難しいですね・・(笑) 「いい女」と「楽な女」と「人生ともに出来る女」と
それぞれあるだろうし・・
これいっつもレンタルされてるけど、見てみます。
by Sho (2006-06-03 08:48) 

wkkii

Shoさん、こんばんは。
そうですか。
個人的に池脇千鶴が好きなので、甘くなっちゃったかな(^^;)
純粋に面白い映画だと思うので、是非観てみてくださいね。
by wkkii (2006-06-06 23:17) 

masami

これ見て、私も懐かしの(w東京ラブストーリーを思い出しちゃったのよね。そういう人って多いのかな?
でも3人の関係性というよりも、
主人公のジョゼとリカの”最初から終わりを覚悟していた恋”
というところなんだけど。。。
無意識に終わりを知っているから、ものすごく
積極的にのめりこんでいくんだよね。
それと、この映画の一番素晴らしいところは
セックスシーンだと思う。
これに匹敵するセックスシーンはジュリエット・ビノシュの
「年下のひと」ぐらいしか思いつかないな。。。
恋のよろこびって感じて。
by masami (2006-09-06 00:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。