So-net無料ブログ作成

沙耶のいる透視図 / 高樹沙耶 [映画レビュー]

高樹沙耶のデビュー作。この作品の彼女は独特の透明感があり、とにかく美しい。ヌードも息をのむほどに綺麗だ。
ヒロインは最高、ストーリーや脚本も悪くないのだが、名高達郎と一風堂の土屋昌巳の演技がひどくて(おまけに土屋昌巳は気味悪い)、安っぽいエキセントリックさだけが目立つ作品となっている。
ビニ本のカメラマンと編集者の話なのでとにかく裸はいっぱい出てくるが、中でも沢田和美が肉感的な裸を見せていて、高樹沙耶と好対照をなしている。

沙耶のいる透視図
1986年 ヘラルド・エース
監督:和泉聖治
原作:伊達一行
脚本:石井隆
撮影:佐々木原保志
音楽:一柳慧
出演:高樹沙耶、名高達郎、土屋昌巳、山田辰夫、加賀まり子

沙耶のいる透視図 デラックス版

沙耶のいる透視図 デラックス版

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2002/07/25
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。