So-net無料ブログ作成

うなぎ / 清水美砂 [映画レビュー]

今村昌平×役所広司×清水美砂といえばほかに「赤い橋の下のぬるい水('01)」がある。どっちが良い?と聞かれると「赤い橋の―」の方が好きなのでこちらをレビューをしたいところだが、残念ながらこの作品の清水美砂は脱いでいない。内容的には「赤い橋の―」の方がヌードに必然性がある(実際きわどいシーンはたくさん出てくる)と思うのだが、何故なんだろう?
で、「うなぎ」の清水美砂である。彼女の裸は胸は小さいながら脚が綺麗。でもってバイブレータで弄ばれて身悶える演技などは、真に迫っていてけっこう見応えがある。
不貞を働いて夫(役所広司)に刺し殺される妻の役を寺田千穂が演じていて、濡れ場でフルヌードを披露している。しかし彼女の裸については特筆すべきことはない。
共同で脚本を担当している天願大介は今村監督の息子である。今村監督は本作で「楢山節考('83)」に次いで二度目のカンヌ映画祭パルムドールを受賞している。
今村昌平監督は昨日5月30日の午後、都内の病院で逝去された。またひとり、日本を代表する映画監督がその生涯を閉じられた。享年79歳。謹んでご冥福をお祈りします。

うなぎ
1997年 松竹=松竹富士
監督:今村昌平
原作:吉村昭
脚本:冨川元文、天願大介、今村昌平
撮影:小松原茂
音楽:池辺晋一郎
出演:清水美砂、役所広司、柄本明、寺田千穂、倍賞美津子、常田富士男、佐藤允

うなぎ

うなぎ

  • 出版社/メーカー: ジーダス(JSDSS)
  • 発売日: 2001/11/22
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 4

Sho

>内容的には「赤い橋の―」の方がヌードに必然性がある(実際きわどいシーンはたくさん出てくる)と思うのだが、何故なんだろう?

確かご本人が妊娠中だったからだと思います。(記憶違いだったら失礼)
by Sho (2006-05-31 22:37) 

wkkii

Shoさんの情報どおり、妊娠8ヶ月(!)とかで撮影していたみたいですね。観ていても全然判りませんね。ナイスコメント、ありがとうございました。
by wkkii (2006-06-03 07:39) 

Sho

私は見ててハッキリわかりましたよ(笑)
「あの状況で、撮影するの大変だっただろうなあ・・」とかそんなことばっかり考えてました(笑)
by Sho (2006-06-03 08:20) 

wkkii

ありゃ、そうですか。集中力が足りないなあ…
実はこの映画、CSで一回観たきりなんですよ。今度ちゃんとDVDで観てみます。今村監督への追悼もこめて。
by wkkii (2006-06-06 23:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。