So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイアモンドは傷つかない / 田中美佐子 [映画レビュー]

本作が映画デビューとなる田中美佐子が、大胆なヌードをいっぱい披露している。胸もお尻も小さめで、まだ発展途上(公開当時22歳)という印象だが、それでも十分に魅力的な裸だ。ほとんどノーメイクの彼女は初々しく、そして可愛らしい。特に横顔と髪の美しさは特筆もので、思わず手を伸ばしたくなる。
当時高校生だった僕は、山崎努演じる不良予備校講師にひどく憧れた。五十過ぎで妻と娘がいて、十数年来の愛人がいて、おまけに自分の娘より若い恋人がいる。これこそ「男の甲斐性」だと。映画の中の山崎努はそんなに幸福そうに見えなかったが、それでもこんな中年になりたいと思った。いや、今でもそういう価値観がどこかにあるのかもしれない。現実はそう格好良くはいかなかったけれど。
田中美佐子がふと立ち寄るレコードショップの店先に「ナイアガラトライアングルVol.2('82)」のポスターが貼ってあって、懐かしさ全開。

ダイアモンドは傷つかない
1982年 東映
監督:藤田敏八
原作:三石由紀子
脚本:田中晶子
撮影:田村正毅
音楽:井上堯之
出演:田中美佐子、山崎努、朝丘雪路、石田えり、加賀まり子

ダイアモンドは傷つかない

ダイアモンドは傷つかない

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2002/08/09
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

Sho

これは原作を読みました。映画は、かなり後年TVで放送されてたのをチラッと見た程度なのですが・・
私は田中美佐子演じる女の子に憧れました(笑)。そんな男の人と、
のっぴきならない関係になれるなんてスゴイ!って。
by Sho (2006-07-01 04:38) 

wkkii

Shoさん、コメントありがとうございます。
そうですね。結局山崎努は愛人(加賀まり子)にゴルフクラブで殴られて情けない姿になり、そんな姿に嫌気がさした彼女(田中美佐子)はさっさと中年男を捨てて大学の夜間ハイキングに参加する、と。やっぱり女性は強いですねえ(^^;)
by wkkii (2006-07-02 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。