So-net無料ブログ作成
検索選択

砂の器 / 島田陽子 [映画レビュー]

島田陽子(現在は島田楊子)のおそらく初脱ぎ作品。裸の上半身が一瞬映るだけなのと、画面全体が暗いせいで、身体に関して何ともコメントのしようがないが、胸はあまり大きくない。
初めて観たのは中学校の映画鑑賞会だったが、もちろんこのヌードシーンはカットされていた。
「刑事モノ」という題材が、まだエンターテイメントの手垢にまみれる以前の秀作。特に台詞をほとんど発しない加藤嘉の悲哀に満ちた演技は圧巻。

砂の器
1974年 松竹
監督:野村芳太郎
原作:松本清張
脚本:橋本忍、山田洋次
撮影:川又昂
音楽監督:芥川也寸志
出演:島田陽子、丹波哲郎、加藤剛、森田健作、緒形拳、加藤嘉

砂の器 デジタルリマスター版

砂の器 デジタルリマスター版


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

NO NAME

なし
by NO NAME (2014-07-13 12:55) 

bv

なし
by bv (2014-07-13 12:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。